我が家の年齢は、ほぼ私と一緒

デュッセルドルフの郊外に、15年ほど前に今の一軒家を買いました。

買ったと言うと聞こえが良いですが、持ち出し自己資金はゼロ。

100%、銀行ローンです。

公証人費用や登記費用、家の査定費用など、何から何までローンに組み込んだので、自分では一銭も出していないのです。

自分で出したのは引越し費用位…

当時、約50万ユーロだったので、今のレートで約6千5百万円。

庭付き約千m2なので、日本(都心)と比べるとかなり安いです。

今日では、自己資本を30%位持ち出さないと、いくらその家を抵当に入れても銀行は貸してくれません。

でも当時は、今とは違って100%が可能でした。

ドイツもちょっとバブっていたのです。

それでも毎月のローンの返済額が、家賃を払うのと同じか安い位です。

とっても長いローンで、果たしてそんなに長生きが出来るのかどうか…

永住を決めたから出来ることで、ドイツで最も多い日本人である駐在員さんはそれが出来ません。

いずれは日本に帰るからです。

その我が家の年齢が、私の年齢とほぼ同じです。

最近、あちこちが壊れてきています。

屋根の瓦、暖房装置、上下水道管、あちこちの壁、電気回線…

ドイツでは、屋根の瓦の寿命が約50年と言われています。

家自体は100年はゆうに持つと言われていますが、さすがに50年以上経つと、あちこちに劣化が出てきます。

それは正に私の身体と一緒。😰

あちこちで老化(劣化)が出ています。😅

今さっきも、オープンキッチンで剥がれ出した1ヶ所のフローリングを接着剤で直していると、うちのボスが一言…

老化があたなと一緒ね…😅

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

タグ: ,
カテゴリー: ドイツの暮らし, 日本、日本人について, 住まいと暮らし
我が家の年齢は、ほぼ私と一緒」への2件のコメント
  1. 初老エンジニア より:

    家はきちんと修繕を続けると長く持ちます。我が家はもう65歳.でもそうは見えないんです。ペイントなど定期的にする。まあ古い家の方がつくりが良いと言われましたが。そう言えば以前住んでいたボストン郊外の家は築120年は経っていたはず

    • netdeduessel より:

      65歳のお家はやはりアメリカでしょうか?

      ドイツの家は100年は楽に持つと言われていますが、それでもやはり途中で建物の外側、屋根や電気系統などの大掛かりな改修が必要です。

      ある程度古くなると、市から指定を受けて、勝手に取り壊すことが出来なくなります。

コメントを残す

  ブログランキングの応援クリック、         宜しくお願いいたします!      ↓↓↓           ↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ デュッセルドルフ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
home左
テキスト
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。