母の偉大さ

女は弱し、されど母は強し…

どうしてでしょうか?

お母さんは、朝起きてから家族みんなのことで頭が一杯。

「学校に遅れないように子供を起こさなきゃ!」

「宿題はやったのかしら?」

「お父さん、今日はお弁当いるんだっけ?」

「面倒くさいけど栄養はつけさせなきゃ!」

朝から、とにかく家族みんなのことで頭は一杯、精一杯。

自分のことなど、これっぽっちも考えている暇がありません。

それに比べて、家族のみんなは自分のことばかりを考えています。

だから母は強いのです。

女は自分のことを考えていますが、母は家族のことを考えています。

人間って、自分のことを考えていると弱くなり、他の人のことを考えていると強くなれるようです。

簡単な例だと、自分の恋人はなかなか見つけられないのに、友だちの恋人ならすぐに見つけられます。

そして、他の人のことを考える時、その他人の数が多ければ多いほど、その強さは益々倍増されるようです。

男性よりも、女性の方が長生きなのは、そこにも理由があるような気がします。

男は、退職して仕事を離れると、ずっとボケーっとしているだけです。

ところが母は、仮に子どもたちが巣立っていても、夫の面倒を見なければいけません。

食事を作るのには頭を使いますし、家事に身体を使います。

人のためになる人は、神様が長生きさせるような気がします。

投稿者: netdeduessel

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

母の偉大さ」に6件のコメントがあります

  1. 女は弱しされど母は強し。
    最近は女も強くなったと思うけどなあ。
    まだまだ強くなる気がするし。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。