挨拶の意味 2

以前、握手をするのは西洋人だけで、東洋人はしないものだと思っていました。

ドイツに移住して、ビジネスで中国、韓国、台湾を訪問し、友人知人も出来て、それが間違いであることを知りました。

中国人、台湾人、韓国人も普通に握手をします。

そこで気がついたのが…

島国日本と大陸の違いだ!

そして挨拶との関連性です。

挨拶は、お互いが敵ではないことを確認することがその始まりであったようであることを昨日書きました。

握手についても調べてみると、どうやらそこには相手に武器を持っていないことを示す意味があったようです。

となると、西洋での食事の時には両手を必ずテーブルの上に出しておくことがマナーであるのと同じようです。

例えば片手がテーブルの下に隠れていると、お向かいの相手に向けた銃を隠しているかもしれないわけです。

ビアジョッキを大袈裟にぶつけ合って乾杯するのにも似たような意味があります。

敵か味方かの確かな判断がつかない相手に招かれた時、乾杯の時に大袈裟にジョッキをぶつけ合います。

あれは、そうやって自分のビールの飛沫を相手のグラスに入るようにしているそうです。

つまり、もし自分のビールに毒を入れられていたら、その毒を少しでも相手にも飲ませるというワケです。

さすが、昔からずっと戦争、争い事が絶えなかった大陸の人たちの、日本人にはちょっと理解し難い知恵、習慣がその始まりとは…

投稿者: netdeduessel

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

挨拶の意味 2」に3件のコメントがあります

  1. へえーーー。知らんわ。気付かされると奥深い。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。