「おはようございます」の意味

いただきます」や「ご馳走様」の意味、奥深さを知って、ひょっとして他にもそういうのがあるのでは?

と思って調べてみると…

ありました!

朝の「おはようございます」から、寝る時の「おやすみなさい」まで。

4つとも全て意味がありました。

「おはようございます」は、既に仕事に来ている人に対して、後から来た人がねぎらう掛け声だそうです。

「お早いおつきですね」、「お早くからご苦労さまです」が縮まった言葉だそうです。

そうか、だから後から来た方から先に「おはようございます」と言うんだ!

飲食業や芸能界などでは、昼でも夜でも「おはようございます!」と挨拶しますが、その理由がとても興味深いです。

上下関係がうるさいからだそうです。

どういうことかと言うと、次の3つの挨拶の中で、目上と目下(上司と部下、先輩と後輩)で言い方が違うのは「おはようございます」だけです。

おはよう/ございます。

こんにちは

こんばんは

昼や晩に、上下関係がある2者が会った時にも、挨拶でその上下関係が分かるようにするためだそうです。

後から来た方が先に言う点も関係しているようです。

でもやはり「いただきます」の意味、奥深さにはかなわない気がします。

先日、知人のひとり、東欧系のドイツ人に「いただきます」の意味を聞かれたのでお教えしたら、何と、うなられてしまいました…😅

投稿者: netdeduessel

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

「おはようございます」の意味」に4件のコメントがあります

  1. さようなら や、こんにちは の元々の 意味も非常に興味深いものがあるかと思います。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。