Und GOCHISOSAMADESHITA

Japaner sagen „GOCHISOSAMA“ bzw. Gochisosamadeshita“ nach jedem Essen.

„Chiso“ von Gochisosamadeshita bedeutet viel laufen.

In der Vergangenheit, um einen Gast mit Köstlichkeiten zu empfangen, musste man viel laufen, Zutaten für gute Gerichte zu sammeln.

Also, Gochisosama bedeutet, sich bei Gastgeber zu danken, dass der Gastgeber bzw. dessen Koch oder Diener für den Gast sich bemüht hat, gute Gerichte zu besorgen.

Also in Japan sagt man ITADAKIMAS vor dem Essen zu dem Gericht sich zu bedanken für das Weiterleben und GOCHISOSAMA zu dem Gastgeber für das Bemühen.

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

タグ:
カテゴリー: ドイツと日本の違い, ドイツの暮らし, 食事, 文化, 日本、日本人について, 未分類
Und GOCHISOSAMADESHITA」への3件のコメント
  1. 佐藤ようこ より:

    そうか、なかなか私にも勉強になります。やはりグーテンアペティトとご馳走様は
    ニュアンス的に違いますしね。チコちゃんに叱られる(NHKテレビ)でも
    やってたなあ、ご馳走様。

  2. 佐藤ようこ より:

    どうしてドイツ語でも書くようになったのでしょうか?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  ブログランキングの応援クリック、         宜しくお願いいたします!      ↓↓↓           ↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ デュッセルドルフ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。