「ご馳走様でした」は、誰に対して言うのでしょうか?

一般的な辞書等によると…

「馳走」という漢字には、どちらも「はしる・はしらせる」という意味があり、もともと「奔走」をあらわす言葉だそうです。

今のように豊かではなかった時代、大切な客人をもてなすためには、材料を揃えたりするのに、走り回って準備を整える必要があったそうです。

このことから、「ごちそうさま」は手厚いもてなしを受けた時の客人からホスト側へのお礼のあいさつだったそうです。

それが近代になって食後のあいさつとして用いられるようになりました。

つまり、いただくものを用意してくれた人に対して言うお礼です。

食べる前に、食べられるものに対して

「あなたの命を奪うけれど、それをありがたく私の命につなげます」

と言い、食べ終わったら、食事を用意してくれた人にお礼を言う。

何て素晴らしい習慣でしょうか…

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

タグ: ,
カテゴリー: ドイツと日本の違い, ドイツの暮らし, 食事, 住まいと暮らし
「ご馳走様でした」は、誰に対して言うのでしょうか?」への1件のコメント
  1. […] 「いただきます」や「ご馳走様」の意味、奥深さを知って、ひょっとして他にもそういうのがあるのでは? […]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  ブログランキングの応援クリック、         宜しくお願いいたします!      ↓↓↓           ↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ デュッセルドルフ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。