中華人民共和国の「人民」と「共和国」は、実は日本人が作った漢字

デュッセルドルフで、日本の漢検(漢字能力検定試験)を年に2回主催しています。

中華人民共和国は、中国の正式な名称です。

それは、「中華」、「人民」、「共和国」の3つに分けられます。

その内の「人民」と「共和国」は、日本で作られた漢字であることをご存知でしょうか?

つまり、中国オリジナルの漢字は「中華」だけです。

知らない日本人は多いと思いますが、中国人の多くもそのことを知りません。

漢字は遠い昔、中国から日本にやってきました。

でも、明治の頃には、日本製の多くの漢字が、日本から中国に逆輸入されて使われています。

それらの例は文末に記載していますが、すべて日本で作られた漢字で、中国に逆輸入されたそうです。

なぜか…

江戸時代以降に、西洋から輸入された書物を、日本人は一生懸命に日本語に翻訳して勉強しました。

特に幕末からは、

「西洋に追いついて、鎖国の間の遅れを取り戻せ!」

よりも、実際には当時の西洋諸国によるアジア支配を知って恐れ、

「西洋の植民地なんかになってたまるか!」

という半分恐怖が、パワーの根源だったと思います。

中国人はそれをしなかったそうです。

明治維新後は、急速な西洋化によって、西洋の国の制度や思想、法律、学術用語などが、次々と日本語化されていきました。

中国は、日清戦争に敗北した時に、素早い近代化を遂げて中国を破った日本に学ぼうと、数多くの留学生を日本に派遣したそうです。

そして、和訳された西洋の日本語の書物を中国語に翻訳しました。

その時に、多くの日本製の漢字が中国漢字に直されずにそのまま採用されたりしたのです。

たとえば「電話」は、中国では英語の“Telephone”の発音に漢字を当てた「泰来風」という漢字が作られました。

ですが、実際には日本製漢字の「電話」の方が、中国でも普及したのです。

だから、数多くの日本生まれの漢字が存在して、今日でも中国で使われているのです。

多くの和製漢字が中国文化に浸透していることは、普通の中国人は知らないそうです。

日本製漢字には「OO式」「OO化」「OO感」「OO主義」「OO型」といった日本独自の表現が多くありますが、それも中国で取り入れられています。

面白いのは、その数(比率)は場合によっては70%までにも及ぶという、王彬彬という中国人の学者の論文です。

王彬彬氏の論文【現代中国語の中の日本語「外来語」問題】

【現代中国語の中の日本語「外来語」は、驚くほどの数がある。統計によれば、わたしたちが現在使用している社会・人文・科学方面の名詞・用語において、実に70%が日本から輸入したものである。

暗示、意識、遺伝、入口、右翼、運動、栄養、演出、演説、鉛筆、温度、階級、会計、概算、回収、会談、概念、解放、科学、活躍、化膿、環境、関係、間接、簡単、幹部、議員、議院、議会、企業、喜劇、気質、基準、規則、基地、規範、義務、共産主義、協定、業務、教養、共和国、記録、金額、銀行、金融、空間、偶然、組合、軍国主義、計画、計器、景気、経験、経済、経済恐慌、警察、芸術、系統、経費、劇場、化粧品、決算、権威、現役、現金、原作、現実、現象、原則、建築、原理、講演、効果、抗議、工業、広告、講座、交際、光線、交通、肯定、公認、高利貸、効率、小型、国際、克服、故障、固定、債券、財閥、債務、作者、作家、雑誌、左翼、紫外線、時間、茂樹、施行、施工、市場、指数、思想、実感、実業、失効、実績、質量、失恋、指導、支配、資本、社会、自由、宗教、集団、終点、就任、主観、出発点、出版、蒸気、乗客、商業、証券、条件、常識、承認、消費、情報、私立、資料、進化、人権、信託、新聞記者、人民、信用、心理学、侵略、制限、政策、清算、生産、精神、性能、積極、絶対、接吻、繊維、選挙、宣伝、総合、想像、速度、体育、退化、大気、代議士、対局、対象、体操、代表、立場、棚卸、単位、探検、単純、蛋白質、知識、抽象、直接、定義、出口、哲学、電子、電車、伝染病、電波、電報、展覧会、電流、電話、動員、投資、独裁、図書館、内閣、内容、日程、任命、熱帯、年度、能率、背景、派遣、覇権、場所、発明、反響、反射、反対、反応、悲観、悲劇、美術、必要、否定、否認、批評、備品、評価、標語、広場、舞台、物質、物理学、不動産、文化、文学、分子、分析、分配、文明、方案、方式、放射、方針、法人、法則、方程式、法律、保険、母校、保障、本質、漫画、蜜月、密度、民族、民放、無産階級、明確、目的、目標、唯物論、輸出、要素、拉致、理想、理念、了解、領海、領空、領土、理論、倫理学、類型、冷戦、歴史、労働組合、労働者、論理学

出典: Otona Life、Wikipedia他多数…

投稿者: netdeduessel

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

中華人民共和国の「人民」と「共和国」は、実は日本人が作った漢字」に2件のコメントがあります

  1. 本当ですね。中国語って日本人しか言わない。中国人(チョンゴウレン)とは中国人は言いますが
    中国語とは言わない。ハンユウですしね。日本はリーベン。
    昔はニホンと言っていた時期あるみたいですよ。中国。

    それに、ドイツ。なぜにジャーマンなの?色々考えちゃう。行ったり来たりしているうちに
    言いやすいように変わってきたんでしょうね。斎藤、齋藤、西藤、とかも間違い字から発生
    したようです。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。