再び怪我…

和牛をさばいていて、左手の親指を切りました。

どうも私はそういう星の下に生まれたとしか考えられません。

幼児の頃から怪我が付き物で、身体中に骨折跡が十数ヶ所、縫い跡は20針以上。

今回のように、縫うまでに至らない、それでも身体に残る傷や、骨折までに至らなかった打身は数え切れません。

医者に行くほどの深い傷ではありませんが、それでも血が止まりにくいレベルなので、ビンディングテープでしっかりと止血をします。

(外での怪我で、土などが付いた場合は、痛くても我慢してきれいに洗って消毒をした方が良いです)

医者に行くかどうかは、傷の深さと大きさ(長さ)で判断します。

縫う必要があるかどうかです。

上手く止血が出来る身体の部分なら、医者に行けば2、3針縫われる傷も、ビンディングテープで自分で治せます。

というか、傷を治すのは、元々自分(の身体)です。

医者は、それを少し手伝ってくれるだけです。

ビンディングテープを上手く巻けたら、そのまま3、4日放っておきます。

そしてビンディングテープを外すと、傷口は塞がってこんな感じです。

ここで画像を出そうかと思いましたが、血の塊や、ふやけた皮膚が醜いのでやめておきました。

4、5日で血は止まっています。(傷の深さにもよります)

ふやけるのは、テープがしっかりしているので、そのまま普通に左手を使っていると、どうしても水が乾かないからです。

どうして毎日テープ(あるいは包帯)を新しくしないのか?

その理由は簡単です。

その必要がないからです。

お医者さんにかかれば、最初は毎日新しくしてくれるかもしれません。

古いテープ/包帯を外して消毒してくれて、新しい物に変えてくれます。

でも、怪我をした翌日〜翌々日などは、間違いなくまだ血は止まっていないので、傷口を出せば痛いし、出血が始まります。

ところが、4、5日放っておけば、傷口が塞がっています。

だからそのまま放っておくのです。

毎日手当をするのは逆効果だと思います。

放っておいたら、バイ菌が入ったりして危険じゃない?

そんなことはありません。

それこそが逆で間違った考え方です。

バイ菌で、傷口が例えば腐ってくるとすれば、そのバイ菌は最初の手当ての時にそこにいたことになります。

つまり、その後の手当の頻度とは無関係です。

テーピングをした後に、後からバイ菌が入ってくる確率はかなり低いです。

パスツールの原理です。

それに、身体には免疫というものがあります。

バイ菌を普通はやっつけてくれます。

だから、免疫力を高めておくことは不可欠です。

免疫力を高めるには ➡︎ 進化が示す健康法則

投稿者: netdeduessel

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。