和牛って、本当に美味しいの?

ドイツで和牛を売っています。

普段売っている岐阜の飛騨牛、飛米牛に続き、先日は茨城の常陸牛のサンプルが届きました。

その値段は、ドイツで一般的な牛肉と比べて最低でも4倍以上。

普通に売るのは不可能です。

お金持ちが集まる地区の肉屋さんで、投資のつもりで散々試してみましたが、さっぱりダメでした。

それでも買ってもらえる先があります。

ミシュランの星付き高級レストランです。

1人の食事代が2万円以上、お酒を飲めば、さらにそれ以上。

客単価がそれだけ高いレストランでは買ってもらえます。

ちなみに、星付きレストランの(多くの場合はオーナー)シェフは、美味しい食材、変わった物、珍しいものにはチャレンジ精神旺盛です。

お金に糸目を付けない人の食に対する欲求を満たしたいからです。

そこで和牛は格好の材料です。

売っている以上、その味を知らなければ詐欺になるので、しょっちゅう自分でも味見をしています。😅

それ以外にも、切りさばいた時に売れない部分が毎回出ます。

切り落としとかなら安くしてまだ売れます。

それ以下の部分です。

ほとんど脂とかスジです。

元々貧乏性ですが、勿体無いので捨てずに皆んなで分けて持ちかえり、処分します(食べます)。

そこで最近気がついたのですが、和牛(霜降り牛)の美味しさって、そのほとんどが脂であることです。

食べ過ぎる?と、翌朝は胃がもたれて気持ちが悪くなります。

その美味しさは勿論脂だけではなくて、独特な和牛の旨味というものがあります。

でも、あれだけ綺麗に霜が降っていると、約半分は脂です。

実際にも、フライパンの中は脂だらけ。

どういうわけか、私は昔から「食」、「飲食業」にご縁があるようです。

卸しと小売りの魚屋をしていた昔、ポルトガルからマグロとウニを輸入するお話しが出て、幸か不幸かしょっちゅうマグロとウニを試食する係になりました。

あの時は、マグロとウニを食べ過ぎて気持ち悪くなり、2度と食べたくなくなりました。

美人は飽きる…

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

タグ: , ,
カテゴリー: ドイツ、ドイツ人について, ドイツの暮らし, ビジネス, 食事, 買物, 日本、日本人について

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  ブログランキングの応援クリック、         宜しくお願いいたします!      ↓↓↓           ↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ デュッセルドルフ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。