ラーメンとチャーハン、日本と中国の違い

ドイツでもここ何年か、ラーメンとお寿司が大人気です。

ここデュッセルドルフでも、予約をしないと入れないか、行列を待つしかありません。

お寿司は日本生まれだと思いますが、ラーメンは中国からだと思います。

そこで不思議に思うことがあります。

ドイツで中華レストランに入ると美味しいチャーハンは食べられますが、ラーメンはいただけません。

どうしてでしょうか?

チャーハンは中華レストランで食べても美味しいし、日本人のラーメン店で食べても美味しいです。

でもどうして中華レストランのラーメンはいただけないのでしょうか…

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

タグ:
カテゴリー: ドイツの暮らし, 食事, 日本、日本人について, 住まいと暮らし
ラーメンとチャーハン、日本と中国の違い」への4件のコメント
  1. 初老エンジニア より:

    ラーメンは日本の食べ物です。中国にはありません。もっともラーメンは中国でも人気ですが。中国の麺料理はまた別ものですが美味しい。

    • netdeduessel より:

      ドイツの中華レストランには、ラーメンらしきものがあります。それですっかり中華ラーメンなるものが存在すると思っていました。そしてそれが日本のラーメンの元祖なのかと思っていました…

  2. 佐藤ようこ より:

    中国料理店のラーメン食べたことがない。
    中国料理店でいい思いをしたこともない。さっさと下げられたり。
    ジャスミン茶はなんだか薬っぽい味がした。でも不思議なお茶で
    あの薬っぽいお茶は好きだったなあ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  ブログランキングの応援クリック、         宜しくお願いいたします!      ↓↓↓           ↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ デュッセルドルフ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。