海外育ちに必要な日本語教育

は、日本と同じようにはいきません。

「おはよう」なら「おはようございます」、「ありがとう」なら「ありがとうございます」と、親も常に丁寧に言う必要があります。

現地校に行く彼らにとって、日本語と接触する機会が少な過ぎるので、親が使う日本語がそのまま手本になってしまうのです。

例えばうちの長男。

中学生になるまで、「僕」、「俺」が分からず、特に複数の時にずっと「私たち」と言っていたので、可愛くはありました。

挨拶やお礼の時に、親(年長)が「おはよう」や「ありがとう」で、子供(年下)は「おはようございます」、「ありがとうございます」と返すんだよ。

と言っても通じません。

通じないという意味は、それを嫌という程繰り返せば良いのですが、時間的に無理があります。

そこで親がそのまま丁寧な方を常日頃使うので、子供も自然に真似をするという方法です。

朝、子供と顔を合わせると「おはようございます」、お礼を言う時は「ありがとうございます」と言います。

そうすると、子供からも同じ言葉が返ってきます。

投稿者: netdeduessel

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

海外育ちに必要な日本語教育」に3件のコメントがあります

  1. ハハハ うちはもっとひどい。僕と言わず 自分の名前を言いますから。これでもいわゆる補修校をちゃんと出たんですが。ひどすぎてもうどうにもなりません。変な日本語ですがそれでも一昨年前久しぶりに家族でh日本にいったら何と無く日本語で会話していてびっくりしました。

  2. そうですね、日本語の謙譲語、尊敬語、丁寧語って外国とは比べられないほど多い。
    やはり、日本の社会は上下関係きついんでしょうか?
    韓国では初対面の人に必ず年齢を聞くとか。もし年上で有れば2度目からは「おねえさん」という
    言い方になり尊敬語を使うそうです。でも日本のアナウンサーも今はそういう言葉めちゃくちゃに
    近いですよ。「うちのお母さんは」など「うちの母は」と言わねばならない時に平気でそういう言葉を
    使いますので。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。