ドイツのコロナ事情もいよいよ正念場

ドイツのコロナの経済制裁(もはや、経済制限ではなくて経済制裁です)も、いよいよ正念場に入って来た様子が見られます。

ミュンスターの高等裁判所で、不公平を訴えた原告側が勝利しました。

あちこちでそういう訴訟が起きているようです。

ドイツでは、どの種類のお店が普通に開けられるか、一部開けられるか、時間制限があるか、予約が必要か…

複雑にしてしまっています。

元々、職業に貴賎は無いはずなのですから、

どのお店はこうで…

等を決めること自体に無理があります。

さらには、「スペインのマジョルカ島には飛行機で旅行出来て、地元ドイツのコロナ患者が少ない旅行地はなぜダメなんだ!」…等々。

経済制裁を受けている産業界のフラストレーション、堪忍袋の緒が切れ始めたのです。

無能な政治家の意味のない施政にほころびが出始めたのです。

政治家が、私利私欲を捨てて、全身全霊を傾けて色々と決めていない証拠です。

政治家が、ぶら下がりタイプのサラリーマンになってしまっています。

ごく当たり前のことで、それを自業自得と言います。

私は和を尊重する日本人の1人ですし😅、超零細でもあるので、ここのブログで愚痴を言っているのが精一杯ですが、そういうリーダーシップのある人たちの正しい提言、主張には心から頑張って欲しいと思います。

自己主張のドイツ(大陸)で、皆さん今までよく我慢したものだと逆に感心してしまいます。

決めた事は守る、ドイツの国民性から来るのかもしれません。

投稿者: netdeduessel

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。