例年通りに花粉症で苦しんでいる皆さん、ごめんなさい…

どうも私は治ってしまったようです。

かつて、ステロイドの注射を打ってもらわないと、どうにもならなかったほど重症の花粉症患者でした。

それが、食べ物によってお腹を整腸できて、花粉症が(7〜8割)治り、今シーズンは9割以上治ったようです。

7〜8割だけ治ったか、9割以上治ったかの差は結構大きいです。

7〜8割の場合、晴天が続くとくしゃみが出る頻度が増えて、目が痒くなります。

しょうがないので塩水を用意しておきます。

ひどい時は、その塩水で目を洗ったり、鼻から入れて口から出します。

それで治るわけではありません。

少し楽になるのです。

今年も、既に1月からくしゃみが出始めたので、例年通りに塩水をペットボトルに用意しました。

塩の比率はかなりいい加減で、なめてしょっぱい程度です。

ところがもう3月も末。

まだ一度も使っていないのです。

目は痒くならないし、クシャミは出ても1日に1、2回。

「一体、自分は本当に花粉症だろうか?」

のレベルなのです。

そこで気になる去年と違う点を述べます。

ブロッコリーです。

うちの奥さんが、体に良いからと言って、頻繁にブロッコリーを塩茹でしてはテーブルの上に置いてくれるようになりました。

ついでに言うと、ブロッコリーの茎は結構美味しく、薄く切って油炒めすると酒のおつまみに最高です。

テーブルにしょっちゅう置いてある、塩茹でしたブロッコリーを頻繁につまみます。

ブロッコリーは(も)身体に良いというので調べてみました。

何と、ブロッコリーはキャベツの仲間ではないですか!

しかも、健康に良いことがキャベツと同じように色々とインターネットで出てきます。

私が、花粉症が7〜8割治ったことを聞くと、多くの花粉症患者さんはその方法を聞きますが、キャベツを毎日食べる、しかも私の場合は「生で」と聞くと、尻込みするようでした。

今日では、化学系の良く効く薬があるので、その薬を飲めば良いということなのでしょうが、効く薬には理由があります。

良薬口に苦しではなくて、効く薬身体に怖しです。

化学系の薬を飲むより、野菜を食べた方が良いに決まっています。

しかも、ブロッコリーの場合は、さらにもう一点、キャベツよりも優れた点があります。

キャベツで花粉症が治る、しかも風邪を引かなくなるというお話しは、もうかなり多くの方々にご紹介しました。

最も良かった例は、以前デュッセルドルフに住んでいて、今は日本に帰られている私より年配の男性。

100%治ったそうなのです。

但し、「オナラがたくさん出るのでどうにかしてくれ!」

とは言われます…😅

最も悪かった例もあります。

キャベツがどうしても身体(お腹)に合わない人がいます。

キャベツを食べるとお腹が痛くなってしまう人がいるのです。

100%治った人や私、その他大勢はキャベツでオナラが頻繁に出るようになります(= 整腸効果でガスが発生するようです = 善玉菌が増えているそうです = 免疫が高まります= 花粉症が治って風邪も引かなくなります)

ところが、身体にも個人差があるので、そのガスの発生で?お腹が痛くなってしまう人がいます。

便秘がちな人のように思います。

でも、そういう人の場合でも、ブロッコリーなら大丈夫です。

是非お試し下さい。

詳細はこちら ➡︎ 進化が示す健康法則

花粉症ではないと言う、うちの奥さん、それでも3月頃は時々クシャミが出ます。

本日午後2:00時、私は今日まだクシャミが一度だけ。

彼女は3回…😅

投稿者: netdeduessel

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

例年通りに花粉症で苦しんでいる皆さん、ごめんなさい…」に2件のコメントがあります

  1. 『キャベツで花粉症がウソのように治る』をKINDLE で読みました。本を出されていたのですね。今の時期は特にキャベツが安くて美味しいのと、花粉症の季節であることが重なっているのも、偶然ではないのでしょうね。我が家も全員花粉症になっていないのは、毎日キャベツを食べていたからなのでしょうね。勿論ブロッコリーもよく食べます🥦

    1. お読み下さり、誠にありがとうございます。

      キャベツとブロッコリー、そうなのですね…

      身体はとても不思議です。
      その身体が悪いところばかりで困ってはいますが…😅

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。