ひどい腰痛も、ステロイド注射に頼らずに治せます! -1-

私には、悪いところがたくさんあります。

身体中、悪いところだらけです。

目(近眼に乱視)、膝(半月板損傷手術済)、頭(能天気)、口、人、手癖、足癖、寝癖…

冗談半分はさておき、この1年ほど最も悩まされているのが腰痛です。

20代の後半で既にその兆候がありました。

うつ伏せに寝て、お尻を踏んでもらうととても気持ちが良いのです。

逆に仰向けになり、硬いテニスボールほどの大きさのボールをお尻の下に置いてグリグリしてもとても気持ちが良く…

指の太さほどある太い坐骨神経が、お尻の中を通って足の先の方まで伸びているので、お尻のその部分を刺激すると気持ちが良いのです。

原因は、背骨の下の方の椎間板の潰れから来ているとされています。

椎間板とは、複数の背骨と背骨の間にあるクッションです。

個人差が大きいですが、普通は加齢と共に椎間板(クッション)が減って、中を通っている神経が刺激されます。

その刺激が、お尻や、ひどい時には足に痛みとして現れます。

酷くなると歩けなくなります。

私がまだ走れていた(ジョギング〜フルマラソンまで)頃(2年前)から腰が重くて困っていました。

特に悪くなり始めたのがこの1年。

ラジオ体操のピョンピョン飛ぶ動作でお尻が痛く…

(多くの運動の専門家も勧めるラジオ体操。私は第一と第二を毎朝欠かさずにやっています。ユーチューブですぐに見つかります)

そして1年ほど前に、ついに歩くのにさえ支障が出てきてしまいました。

お尻と膝までの痛みで、歩くのにびっこを引いてしまいます。

もっとひどくなると、痛みは足先まで来て、そうなるともう手術だそうです。

ステロイド注射を打ってもらうしかありません。

その注射は、医者も勧めない?ほど危険?です。

人間の身体の免疫をおかしくするそうです。

顔が浮腫んだり、出血が止まらなくなったり…

でも打ってもらわなければ、痛みでどうにもなりません。

定期的には絶対に打ちたくありません。

最初の注射で、半年強は痛みが引いていました。

1週間に1度、3〜5週間かけて3〜5回打ちます。

同じ腰痛持ちの叔父などは、最初の注射で5年以上も痛みが引いていたそうです。

5年に一度程度なら問題ないかもしれません。

半年後に打ってもらった2度目の注射は、もう半年も持ちませんでした。

そして2回目の注射の後…

何と僅か1ヶ月で痛みが出てきてしまいました。

気になった点をお医者さんに質問してみると…

「この注射を定期的に打つ人はいますか? それはどのくらいの頻度ですか?」

「年配のお婆さんが毎月のように打ちに来ます」

このままではまずい…

と考えていたところに丁度、知人の知人が、腰痛は運動(トレーニング)で治せると言うではありませんか。

私は実はかなりの運動中毒です。

そういう方法も一応聞いて知っていて、毎朝のストレッチと合わせてトレーニングはしています。

ユーチューブも含めたインターネットで出てくる、腰痛を治すと言われる運動の中で、理にかなっていそうなものは、とにかく全てやってみました。

でも効果なしです。

私が、どの位運動をしているかと言うと例えば…

投稿者: netdeduessel

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。