メルケルさん、ついに国民に謝る

来週末、ドイツはイースターホリデーです。

日本で言えば、ゴールデンウィークみたいなもの。

日本のゴールデンウィークほどは休みが長くないものの、金曜日と月曜日が休みとなる四連休。

ドイツでは、クリスマスの次に長い休みで、多くの人が遠出の旅行に出ます。

ところがメルケルさん、何を考えたか、木曜日からお店を閉めて、イースターホリデー中は自宅に居ろとお達ししました。

そこでさすがに国民が爆発。

イースター前の木曜日は、ドイツではクリスマス商戦に次ぐかきいれ時。

国中からブーイングの嵐。

「すいません、撤回します。営業して下さい」

早速、修正発表しました。

政治家(メルケルさん)が、いかに経済、国民の暮らしを無視してコロナ関係を決めているかが暴露しました。

こうなると、彼女がいかにいい加減かを、過去の例から再び言いたくなります。

ドイツは当時、EUでの難民の受け入れを率先的に旗振りしました。

陣頭指揮は勿論メルケルさん。

「我々には(難民受け入れくらい)出来る!」

というスローガンでした。

そこで多くの難民がEUに入り、そこにはテロリストも隠れていました。

それ以上に問題なのは、難民の道徳、常識や習慣が、先進国のそれと違うことです。

人道的には、彼らの国で起きていることと合わせて同情します。

でも、道徳、常識や習慣が違う人たちが大勢来ると、治安は悪くなり、犯罪率は上がり、大変なことになります。

良い例として、今は北海道がそうなっているそうです。

道徳、常識や習慣が違う国の人たちが増えて大変だそうです。

そんな中で当時、あるドイツ人の国会議員が、難民を自宅に受け入れました。

素晴らしいことです。

問題は、そのことに対するメルケルさんのコメントです。

「私には真似出来ない…」

????

自分でできないことを行政にさせるな!

一期目はひょっとして彼女も良い政治家だったのかも知れません。

でも、人間は誰でも性善説、性悪説の両方を持ち合わせる生き物です。

2期までならまだ何とかなるかも知れません。

よほど人格の高い人なら。

でも、人間誰でも3期も権力を握り続けると腐ります。

この秋までの辛抱…

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

タグ: ,
カテゴリー: ドイツ、ドイツ人について, ドイツと日本の違い, ドイツの暮らし, ビジネス, 時事, 住まいと暮らし

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  ブログランキングの応援クリック、         宜しくお願いいたします!      ↓↓↓           ↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ デュッセルドルフ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
<span>%d</span>人のブロガーが「いいね」をつけました。