優秀な営業マンとは?

優秀な営業マンとは、商品を売る人ではなくて、自分を売る人だそうです。

自分が売れれば、どんな商品も売れるからだそうです。

お客さんから、「あなたから買いたい」と言われるようになるということです。

ではその秘訣は?

お店に入った時に、「何をお探しですか?」

などと、すぐに声をかけてくる店員さんがよくいます。

私は、放っておいて欲しいタイプなので、そういう店員さんは苦手です。

人によっては、すぐに声をかけて欲しい人もいるようなので、その辺は難しいのですが…

理想はやはり、痒いところに手が届く存在ではないでしょうか?

星付レストランのサービスがそれです。

普通のレストランのホール要員の倍くらいの人数がいます。

ヒマを持て余しているかのように、いつも1人や2人はボケーっと突っ立っているように見えます。

でもそれは、決してヒマなのではなく、ある「サイン」をキャッチすべくスタンバイしているのです。

消防署で、119番のコールを待ってスタンバイしている消防士のようにです。

そのサインとは、無言の「すいません!」です。

言葉に出して言う前の「すいません!」です。

どういうことかと言うと、お客さんは何かが欲しいと思うと、ホールの人に視線を向けます。

一流レストランのホールの人は、その視線のサインをキャッチして来てくれます。

だから倍の人数が必要なのです。

お客さんが何かを欲した時に、呼ばれる前にウォンツを察してテーブルに向かう…

これがベストなサービスであり、ミシュランの星も付くということではないでしょうか。

投稿者: netdeduessel

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。