メルケルさんとバイデンさんの共通点

うちの家内曰く、2人には共通点があるそうです。

今まで私は、家内のことをボスと呼んでいました。

家では勿論家族のボス。

なんでも彼女が決めます。

手伝ってもらっている会社に行っても、家庭の延長線上でボスなので、もう諦めて?ボスと思っていました。

ところが最近、他の人たちからそのことで、私が恐妻家のように思われていることが彼女に伝わり、ボスと言うと怒られるようになりました。

そこで家内に逆戻りです…😅

余談はここまでにして、アメリカの大統領がバイデンさんになり、メキシコの国境が甘くなったそうです。

多くのメキシコ人が簡単にアメリカに来れるようになったそうです。

(正規)移民ではありません。

不法移民の入国です。

豊かな国に、貧しい国の人たちが入ってくるとどうなるか?

アメリカに、多くのメキシコ人が不法で入ってくると、あちこちで困ることが起きます。

最も大きいのは、治安の問題と並んで失業に関することでしょう。

アメリカ人の職が奪われる。

税金が不法移民のために使われる…

それでもバイデンさんの日々の生活は変わりません。

バイデンさんの日常は変わらなくても、直接関わる国民の負担が増えます。

それはドイツでも同じです。

メルケルさんが、多くの難民を受け入れても、彼女の日常の生活は変わりません。

何しろ彼女は、「私にはそれは出来ない」と言った人ですから。

何が出来ないのか…

ドイツの国会議員で、難民を自宅にまで受け入れる人が現れました。

その時の、そのことについての彼女のコメントがそれだったのです。

何と情けない…

自分が率先して出来ないことを言う…

あるいは、自分では出来ないことを下にさせる…

「隗より始めよ」、「率先垂範」が全く出来ていない良い(悪い)代表例です。

政治家、リーダーにとってあるまじきことだと思います。

投稿者: netdeduessel

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。