ドイツのシュトゥットガルトで起きた、対コロナの政府対応施政に対するデモ

ドイツのシュトゥットガルトでデモが起こりました。

コロナに対する今の馬鹿げた施政に対するデモです。

早くお店やレストランを普通営業ができるように戻せという抗議デモです。

これは振り戻しの原理だと思います。

例えば今のドイツの消費税は19%。

(賃貸アパート、書籍や食品の特別な7%を除き)

(ドイツの)世の中では、売買される全てのものに対して国が消費税として19%の税金を取ります。

世の中のほぼ全ての物品の動きに対して2割です。

とてつもなく巨額な税収入です。

日本は現在10%。

昔はゼロ。

それが3%になり、5%?, 7%…と増えていきました。

私の単なる勘ですが、その限界が20%〜30%だと思います。

それ以上に増えると、国民が我慢できなくなって、デモや革命が起きると思うのです。

選挙も同じ。

今の選挙の方法で、あまりにもおかしな議員が出続けて、おかしな政治を行っていけば、いつかは国民の怒りが爆発すると思います。

コロナもしかり…

投稿者: netdeduessel

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。