マニュアルのお話し、その3

一昨日の投稿、マニュアルに関すること(その1)で、makkumakkuwanwanさんからコメントをいただきました。

「マニュアルがある方がうまくいくと思ったんじゃないかなぁと思いました。その方が助かる人っているんですょ☺️」

それに対する私のコメント…:

「伝える相手が1人で、内容が節電等の、ちょっと考えれば誰でも分かることでもですか…😅」

でも、それを書いた後に気が付きました。

確かにそういう人もいるかもしれない… と…

そして彼も、決して私をからかうつもりなどではなく、本気でそう言ったのかもしれない…

全てを一般常識、あるいは自分の常識、自分の考えに当てはめてしまい、それで決め付けてしまうのは危険かもしれません。

もしそれが大多数の一般常識から見ておかしくても…

ちなみにその彼は、日本を脱出してドイツに来ました。

そしてこちらドイツに来ても、私がご紹介した数人の日本人とぶつかってはじけてしまいました。

彼ら曰く…

「彼は勘弁してください…」😰

根はとても良い人なのですが。

負けず嫌いで、素直でないところを除けば…

そういう彼の意見がいかに非常識でも、それはそれでひとつの意見です。

それを排除するのではなくて、どうやったらそういう意見も社会の中でうまく取り扱えるのかを考えなければいけません。

とても難しい課題です…

必要不可欠なことは、社会(多数)の方は、異端だと言って排除するのではなく、何とか仲間に出来ないかと知恵を絞る。

異端の方は、負けず嫌いをやめて、なるべく潔く謙虚になって歩み寄ろうとする。

そういう両側からの努力が欠かせません。

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

タグ: ,
カテゴリー: ドイツの暮らし, 日本、日本人について, 住まいと暮らし
マニュアルのお話し、その3」への2件のコメント
  1. 佐藤ようこ より:

    私はマニュアル苦手。でも女の人って真面目なせいかマニュアル大好きなんです。
    私の持っていた医療事務の私が勝手にコピーしたものまで欲しがった。なんの気なしに
    あげてしまったけれど今は後悔しています。勝手にマニュアル化したものには誤りも
    多かったから。「個人で勝手に作った、ものだからあげられない」と何故いえなかったのかなあ。

    • netdeduessel より:

      そうなのですね…

      でも多分、性別は関係ないかと…

      あっ、傾向はあるかもしれません…

      地図を読めない女、話しを聞かない男みたいな…

      いずれにしても、書かれた物に頼らずに、自分の信じる方に進んで欲しいと思います。

      マニュアルは、開梱するとすぐに捨ててしまい、いつも後で不具合が出てから困る男…😅

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  ブログランキングの応援クリック、         宜しくお願いいたします!      ↓↓↓           ↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ デュッセルドルフ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
<span>%d</span>人のブロガーが「いいね」をつけました。