どうして海外子会社は本社から疎んじられるのでしょうか?

前の会社で、ドイツ子会社の責任者を任されていました。

よって、ドイツ側では自分がトップであり、他のスタッフは全て部下ということになります。(⬅︎ 当たり前…😅)

ですが、日本には上司がいました。(⬅︎ これも当たり前…😰)

その上司の本社での肩書きは海外営業課長でした。

彼も私も中途採用でしたが、彼は元商社マン出でバリバリのやり手。

但し人間的には…😰?

…の仮面をかぶった神様でした…😰

何が言いたいかというと、その会社は日本で上場もしている立派な会社。

その会社が、ヨーロッパで最初に出すドイツの子会社です。

その子会社の社長の直属上司が、本社では僅かイチ課長だったのです。

海外営業課長というのは、営業部内のひとつの課の長です。

他にも国内営業課があれば、上には営業部の部長がいます。

つまり本社の側で見れば、少なくとも本社社長 ➡︎ 専務 ➡︎ 部長 ➡︎ 課長 となります。

海外子会社の責任者の上司がイチ課長で良いのでしょうか?

自分のすぐ上の位、肩書きが低過ぎて文句を言いたいのではなくて、ヨーロッパに最初に出すドイツ子会社の運営が、本社側ではそのレベルで行われていて良いのでしょうか?

海外子会社が上手くいかなければ本社の社長の責任です。

部長のレベルでもまだ低いと思います。

せめて専務のレベルにあった方くらいが良くないでしょうか?

もう過去のことなのでどうでも良いのですが…

ゲスの勘ぐりをさせていただくと…

本社側の人たちには海外経験がありません。

外国語もいたって苦手です。

だから海外営業課長も中途採用なら、ドイツ現地法人社長も中途。

中途は本社で力(存在感、権限)がありません。

本社にしてみれば、海外のことはよう分からんから、中途で入って来た連中にやらせておけ、でも本社内では権限を与えるな… ということでしょうか…

投稿者: netdeduessel

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

どうして海外子会社は本社から疎んじられるのでしょうか?」に2件のコメントがあります

  1. そうねえ、それはある。アメリカやロンドンのブランチになれば違ってくるけど
    ドイツはどちらかと言うと、軽く見られがちな風潮はあるかも知れない。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。