中国製のドローンが世界シェアの7割を握っている

そうです。

驚愕の事実です。

そういうニュースは以前は定期購読していた「日経ビジネス」を読んで知りました。

今回は、虎ノ門ニュースで知りました。

そう言えば昔、日本のオートバイなどが世界シェアで7割、8割という時がありました。

今回問題なのは、ドローンというのは戦争やスパイ活動に使われる道具になり得るという点です。

それが中国製で大丈夫でしょうか?

技術を誇る日本、何とか頑張って欲しいです。

そういうテコ入れに政府は何とかしないものでしょうか?

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

タグ: ,
カテゴリー: ドイツの暮らし, ビジネス

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  ブログランキングの応援クリック、         宜しくお願いいたします!      ↓↓↓           ↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ デュッセルドルフ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。