ドイツのお粗末な施政

先日、うちのボス(= カミさん = 神様)がボヤきました。

「バカだよね〜、ドイツ人」と…

ドイツでは理容師、美容師がロックダウンで閉店中。

ところが、隣国のフランスやルクセンブルグでは営業中。

国境に近いドイツ側に住む人は、国境を超えて隣国に髪を切りに行っています。

その様子を、指を加えて見ているドイツの理容師、美容師にインタビューしているニュース番組を見たそうです。

「売上がなくて困る…」

「公の援助ではやっていけない…」

一体、ドイツの政治家は何をやっているんだ!

ということです。

そして今日知りましたが、一般的なロックダウンは3月7日まで延長。

でも、美容院、床屋さんは3月1日から営業再開OK。

メルケルさん、州知事さん、あのニュース番組を見て反省したのですか?

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

タグ: ,
カテゴリー: ドイツ、ドイツ人について, ドイツの暮らし, ビジネス, 住まいと暮らし
ドイツのお粗末な施政」への2件のコメント
  1. 佐藤ようこ より:

    メルケルさんのヘアスタイル乱れてない。お抱えがいる?
    美容室や理髪店に行くのに、国境越えるなんてねえ。
    不便というよりもう少し、考え方あるだろう、と思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  ブログランキングの応援クリック、         宜しくお願いいたします!      ↓↓↓           ↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ デュッセルドルフ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。