懐かしい、昔の寒いドイツの冬が戻って来た

ドイツはこの1週間ほど、夜間はマイナス10度超え、日中もマイナス数度で、道に積もった雪がなくなりません

まるで雪国、スキー場の町のようです。

ここ長い間の暖冬で、ドイツの冬はドイツらしくなかったのですが…

これはうん十年前のドイツの冬と同じ。

寒い時はマイナス20度以上まで冷え込んで、時々トラックが立ち往生していました。

ディーゼルは、ガソリンよりも凍るのが早いのです。

そこで当時は何をしたか…

ディーゼルにガソリンを半分混ぜて入れたのです。

当時のドイツのトラックの運ちゃんなら誰でも知っていました。

今のトラックなら電子制御などが多くて、そんなことをしたら動かなくなってしまうのかも知れません。

私も当時はトラックの運ちゃん。

最初の寒い日の朝は、まだガソリンを混ぜていなかったので、キャブレター付近の細い管の所が凍っています。

そこにお湯をかけたり、太陽が出るのを待って、ガソリンを半分混ぜたディーゼルを入れて…

それでやっと動き出します。

それまでは寒さとの戦い。

行った先で、何しろエンジンがかからないので、暖房もないわけです。

投稿者: netdeduessel

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

懐かしい、昔の寒いドイツの冬が戻って来た」に2件のコメントがあります

  1. 北海道も同じです。この20日でプラス気温は2日のみ。
    大雪で。日中もマイナス。鬱鬱です。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。