日本人は走る。走ると誠意が見える。

律儀な日本人は、時間に遅れるとついつい走ります。

時間に遅れてなくても走る人が結構います。

走ると、凄く誠意が見えます。

こちら、ドイツ(ヨーロッパ)でそれはありません。

遅れていても、堂々とフツーに歩いてきます。

ちなみにその遅れの度合いは、ドイツ人の場合、10分〜15分。

地中海沿岸諸国は30分。

中南米は1時間。

昔まだ学生だった頃、学校の仲間10人ほどで集まった時。

そのほとんどはメキシコ人。

日本人は私1人。

待ち合わせの時間になっても誰も来ません。

10分たっても、20分たっても。

学生だったので、忙しいこともなくそこに居続けました。

(日本人の常識として)何かあって中止になり、自分には連絡が届かなかったんだな〜、と。

30分位経った頃、何と1人(フツーに)現れました。

自分が時間を間違えたのかと思って聞いてみました。

「みんな1時間後くらいに来るよ。僕は早めに来ただけ」

唖然…

日本の常識は、世界の非常識…

その逆もしかり…

遅れても、まるでそれが当たり前のように平然としているのと、すまなそうに走るのとでは、相手が受ける印象は違います。

その違いがたまり溜まるとかなりの大きな差になります。

でも、遅れて当たり前だと思っていれば、その考え方は通じませんが…

投稿者: netdeduessel

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。