Give and take

自分が頼んだことは、ついつい急がせてしまう…

頼み事や、メールの返事… 等

小学生の頃から、あるいはそれ以前から自己主張を叩き込まれる西洋、大陸でもあるアメリカでさえ…

「Give and take」です。

つまり、自分のこと(take) よりも、相手のこと(give)を先に考えよ! という意味だと思います。

決して、Take and give ではないわけです…😅

これはあるいは、キリスト教の影響を強く受けているのかもしれません。

人間は、当然のことながら、誰でもどうしても自分が一番大事です。

当然のことだと思います。

例えば、自分があってこそ、初めて他を助けることが出来ます。

自分の頭の上のハエを追えない人間に、人の面倒を見ることは出来ません…

人にお願いしたこと、質問したメールは、その返事、結果が気になってしょうがありません。

その反対に、誰かに依頼されたことや、聞かれたことは、ついつい返事が遅れがちです。

Give and take…

常に頭に置いておきたい言葉の一つです。

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

タグ: ,
カテゴリー: ドイツの暮らし, ビジネス
Give and take」への2件のコメント
  1. 佐藤ようこ より:

    私も反省しきり。
    主婦ですから、夫をおったくることしかしてない。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  ブログランキングの応援クリック、         宜しくお願いいたします!      ↓↓↓           ↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ デュッセルドルフ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。