年配の人に聞けば分かる

というのが今までの世の常でした。

(佐藤仙務さんの記事が続きます…)

ところが現在は、この世を支配しているITに関してはその逆です。

若い人に聞くしかありません。

自慢ではありませんが(⬅︎ ホントは自慢😅)私は、電子手帳を使い始めた最初の人たちの1人です。

まだ漢字が加わっていない、電子手帳の恐竜時代から電子手帳を使い始めました。

今はスマホにそのパイを奪われてしまいました。

東芝の持ち運びできる最初のラップトップ、ダイナブックも自費で買いました。

あんな高価な物、しかも今考えたら石器のような物を普通は自分で買いません。

初期のダイナブックには何と、メモリーが付いていませんでした。

作業内容は全てフロッピーディスクに保存する必要があったのです。

正に石器…

その後、ピップスというシステムのプログラミングも習い行っていました。

ですが先日、若いスタッフにパソコン業務を引き継いでいた時です。

その彼のパソコンを扱う操作が異常に早いのです。

ちょっと驚いて話しをしてみると、小学校で既にパソコンを教えられたとのこと。

「門前の小僧、経を読む」…

英才教育の恐ろしさをまざまざと見せつけられました。

と、同時に自分の老いを再認識させられました…😰

出典: 月刊紙「致知」12月号「逆境を力に新たな時代を拓く」

投稿者: netdeduessel

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。