自分の給料が安いと思っている人必見 - お給料の法則 –

自分は妥当なお給料をもらっているのか…

安過ぎないだろうか…

と、思っている人は多いと思います。

でも安心してください。

「お給料の法則」というのがあるようで、仮に今の給料が安くても、長い人生一生の間にもらうお給料の総合計金額は、人それぞれに見合った金額になるようです。

もし現在のお給料が安過ぎる場合、あるいはその逆の場合、そうであることに抵抗が生まれるので、時間とともに自然と逆の方向に振れて行きます。

だから、どちらにあっても最終的にはバランスが取れていきます。

今現在、自分のお給料が低い場合、常にそのことが頭にあるので、ことあるごと、特に転職などの機会にそれを訂正しようという力が働きます。

そして、そのお給料の低さが著しい場合は、本人だけではなくて、友人などの周りも知ることになります。

つまり、次の転職の機会などで協力者が現れる可能性も高まります。

そればかりではなく、周りが知ったこととなれば、転職等のお話し自体が現れやすくなります。

逆に現在お給料をもらい過ぎているような場合、やはりどうしても逆に、そして自他共に反対の力が働きます。

本人がそのことを知っているような場合は、次の転職などの時に給料が安くなっても抵抗しない傾向となりますので、給料が安くなる方向に向かいます。

もし本人が気が付いていなくても、周りや次の就職先の影響でも妥当な方向に振られていきます。

振り戻しとでも言いましょうか…

つまり、もし今現在安いお給料をもらっていても、それは暫くすると修正の方向に向かい、最終的な人生のトータルでは同じことになるので全然心配する必要がないのです。

よって、お給料が低くて不満でも、決して慌てずに次の機会を待ってください。

今もらっているお給料が安ければ安いほど、そしてそれが長く続けば続くほど、その振り返しも大きく長くなるので、不満を持つ必要はなく、楽しみにしていた方がいいのです。

そこでもっとも大事なのは、お給料が安いことが分かっても、やる気をなくすのではなく、ただ単に機会の波が来ていないと思って目の前の仕事に全力を尽くすことです。

面白くないと思ってやる仕事、嫌々の仕事はただの時間つぶしになってしまって自分のためにも人のためにも何にもなりません。

ですが、嫌な仕事も真剣にやると必ず身につき、それが将来どのように自分を助けてくれるかはその時点では分からないものです。

そして、見てくれている人が必ずいるものです。

こんな仕事が身についてどんな意味があるの?

と、今思っても、それは今現在の自分の未熟なはかりで計っただけの値です。

つまり将来、ひょっとしたらどれだけ役に立つかは今の時点では分かりません。

どんなお仕事(出来事)も無色。

色(それが良いかどうか、幸せか不幸せか)をつける(決める)のは自分。

人生をエンジョイするか否かも自分の考え方次第。

どうせやるならどんなことでも全力投球しましょう。

それが将来必ず自分に返ってきます。

実際に私の人生でも、月給200万円以上もらっていたこともありましたが、それはもらい過ぎだったようで、長い間10分の1まで落ちていたこともあります。😰

第一、仕事を失っても普通は失業手当が出るので、半分まで落ちることはありません。

給料が安いからと言って、焦らない、焦らない。

投稿者: netdeduessel

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。