コロナの対応に必要なのは、群集心理の専門家では?

ドイツでは、余裕で?他国のコロナ感染者を病院に受け入れています。

でも日本では、医療機関が一杯一杯だそうです。

どうして病院が一杯になってしまうのか?

スーパーのトイレットペーパーがなくなってしまうのを考えてみればすぐに分かると思います。

普段、どのスーパーでも山積みに置かれているあのトイレットペーパーが、どのスーパーでもすっからかんになってしまいます。

コロナでこの世のトイレットペーパーが消えてなくなってしまうわけがないのにです。

もし仮に消えてなくなったら、代替案を考えれば良いだけのことです。

新聞紙をクシャクシャにして使うとか…(⬅︎ 古〜。インクでお尻が黒くなる😅。ウンチよりは良いのでは?😅。どうも朝日新聞紙はそれに適しているという噂があります)

ちょっとの不安でスーパーのトイレットペーパーやお米、麺がなくなってしまいます。

私たち大衆はそれほどバカなのです。

ほんのちょっとの心配原因で、ついついそういうバカな行動を起こしてしまいます。

あるいは交通渋滞です。

空いている時と渋滞の時の雲泥のあの差。

でも、渋滞対策には、それをどうやったら防げるか、和らげられるのかの研究をしている専門家がいます。

そして彼らの提言の元に、道路工事の予算と照らし合わせて道路工事が行われます。

今、日本の病院がコロナで一杯なのであれば、それを和らげるのには医療の専門家以外に、群集心理の専門家、マーケティングの専門家が必要ではないでしょうか?

どうしてマーケティングの専門家?

マーケティングの専門家は、いかに多くの人にアピールするかの専門家です。

その反対を行うのです。

投稿者: netdeduessel

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。