普通は捨ててしまう、和牛の脂身。それを普通の牛肉と合わせて一緒にミンチにするという方法

和牛とは、日本の黒毛牛のことです。

日本の黒毛牛とはつまり、神戸牛、松坂牛、飛騨牛などの霜降り肉のことです。

そのブランド牛の銘柄は何と320以上あるそうです。

日本の和牛 = 黒毛牛 = 霜降り肉は、世界で唯一の美味しい牛肉です。

日本以外にはありません。

オーストラリア、スペイン、オランダにも、日本の和牛の種を運んで作ったとか言われる和牛があります。

そこそこ霜降りっぽくもあります。

でも、味が全然違います。

以前、日本で約6千頭の食肉豚を育てている専門家に聞いた話しなのですが、日本の和牛は本当に世界で唯一だそうです。

ちなみにその養豚家、ちょっと変わった人で、船の免許や飛行機の免許にとどまらず、ヘリコプターの操縦免許まで持っています。

免許だけではなく、自家用ヘリまで持っています…

話を和牛に戻すと、どんなに素晴らしい霜降り肉でも、黄色い筋とか、真っ白な脂とかは必ず出ます。

それは普通処分してしまいます。

ちょっと気が利いた人で、それを冬まで冷凍してとっておき、鍋に使ったりします。

でも、他にも利用方法があるのです。

普通の牛、赤い牛肉と一緒に混ぜてミンチにするのです。

それでハンバーグやメンチカツを作ります。

フライパンで焼いている時に、和牛の脂がものすごく出てきます。

和牛の旨味も出てくるのです。

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

タグ: ,
カテゴリー: ドイツと日本の違い, ドイツの暮らし, 食事, 買物, 住まいと暮らし

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  ブログランキングの応援クリック、         宜しくお願いいたします!      ↓↓↓           ↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ デュッセルドルフ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
<span>%d</span>人のブロガーが「いいね」をつけました。