私の父親はゴルゴ13…

私の父親は、「この人、ゴルゴ13?」と思えるほど完璧に見える人でした。

そしてとても厳しく、何かあると、常に部屋に用意してある竹刀でひっぱたかれました。

その時の父親の言いぐせは、「俺はお前のおじいちゃんに丸太でぶん殴られたぞ! だからお前は良い方だ!」でした。

今考えてみると、言いぐせをするということは、叩くことに後ろめたい気持ちがあったのかも知れません。

当時は反発して、高校中退、家出、喫茶店勤務や肉体労働のアルバイトをしていました。

それが反面教師になったのか、私が父親となる家族の場合は、家では父親として、会社では長として、どうしても外せない、僅かいくつかの点を除き、かなりの放任主義でした。

自分が人からとやかく言われるのが嫌だったので、人も同じだと思ってとやかく言いませんでした。

ひょっとしたら、単なる億劫、ズボラかもしれません。

でもそうした方が、任されている方は自由に伸び伸びとしていたように思えます。

青天井の方が、誰でも実力を発揮できると思います。

「放任で任せっきりで騙されたらどうするの?」

という人もいるかもしれません。

実際に、何度か騙されて、高い授業料になりました。

それでも私は、大陸式の「人を見たらドロボーと思え」や、「騙される奴が悪い」よりも、日本的な「騙すより騙されろ」の方が好きです。

第一、いつ騙されるか、いつ騙されるか、と、日々疑心暗鬼に暮らす人生が楽しいでしょうか…

投稿者: netdeduessel

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。