コロナのベスト対応策は、緊急時の医療対策

戦争時や、何か突発で大勢の大小負傷者が出た時、医者や看護婦の数に限りがある時にはどうするでしょうか?

見込みの無い者、あるいは軽傷の人は放って置かれます。

つまり、見込みのある人から優先的に治療を受けます。

どういうことかと言うと、治療を施して治る確率が高い人から順に診てゆくのです。

とても残酷なことですが、治る見込みが低い重傷者はそこから除かれてしまうのです。

よって、重症のご高齢者は最期に回されます。

残酷なようですが、その現場での最善を考えるとそういうことになります。

あるいは飛行機に乗った時、緊急事態が起きて酸素マスクを付ける時の注意。

お母さんと(お父さんでも良いのですが)子どもが横に並んで座っている時…

どちらが先に酸素マスクを付けた方が良いのでしょうか?

弱そうな子どもから?

違うんです。

まずは親が付け、その後に子どもに付けさせます。

なぜでしょうか?

もし子どもに先に付けさせていると、モタモタしていて2人ともアウトになる確率が高くなるからです。

まずは親が付けて、その後に子どもに付けさせます。

アウトになる時間にもよりますが、

私ももう高齢者に一歩足を踏み入れています。

数十年後にもし又コロナが来た時には、胸を張って「私を集中治療室には入れないでください」と言えるようになっていたいと思います。

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

タグ: , ,
カテゴリー: ドイツの暮らし, 移動交通, 健康, 医療, 医療と健康, 時事
コロナのベスト対応策は、緊急時の医療対策」への2件のコメント
  1. 佐藤ようこ より:

    東京はまさしくその緊急事態。トリアージは行われていると聞いてますが
    あのエクモを使える看護師も医師も少ないのです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  ブログランキングの応援クリック、         宜しくお願いいたします!      ↓↓↓           ↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ デュッセルドルフ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
<span>%d</span>人のブロガーが「いいね」をつけました。