マスク警察と言って馬鹿にするなかれ…

マスク警察は、いわゆるKYの人たちでしょう。

それが正しいと思ってやっているのは良いのですが、それで周りに嫌われると気が付かないからです。

でも、マスク警察のような存在がいるからこそ、決まり事がより守られるのです。

どんな物(者)にも存在価値があると言います。

それで初めてこの世が回ると思います。

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

タグ: , ,
カテゴリー: ドイツの暮らし, 健康, 医療, 医療と健康, 日本、日本人について, 時事
マスク警察と言って馬鹿にするなかれ…」への2件のコメント
  1. 佐藤ようこ より:

    マスクをしないでとうとう市議会議員が辞めました。
    健康診断で保健所に行き、マスクをつけなかったため、注意されると
    バカとか若造とか言って、自分の検便容器を、人に投げつけ自分で辞職願いを書いて
    辞めたのです。ーーーコロナ以来、変な事件が多すぎます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  ブログランキングの応援クリック、         宜しくお願いいたします!      ↓↓↓           ↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ デュッセルドルフ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
<span>%d</span>人のブロガーが「いいね」をつけました。