「終戦のエンペラー」という映画

をご存知でしょうか?

第二次世界大戦前の、あるアメリカ人将校と、当時アメリカに留学していた日本人女性の恋を描いています。

但し、背景は戦争です。

とても興味深かったのは、昭和天皇とマッカーサー元帥が会う場面でした。

聞くところによると、その時天皇はマッカーサー元帥に、戦争の全責任は自分にあるので、自分だけを罰して欲しい = 国民には罪がないので何もしないで欲しいと訴えたそうです。

この映画でも、それがその通りに描かれていました。

第二次世界大戦に関する詳しいことは ➡︎ http://www.ganbarenihon.de

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

タグ:
カテゴリー: ドイツの暮らし, 趣味習いごと, 日本、日本人について
「終戦のエンペラー」という映画」への2件のコメント
  1. 佐藤ようこ より:

    観たいけど日本では全く情報がありません。皮肉なものです。ー

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  ブログランキングの応援クリック、         宜しくお願いいたします!      ↓↓↓           ↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ デュッセルドルフ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。