コロナ制限と良識

自分が住むMeerbuschは、まだ田舎の村なのでそんなことはありませんが、先日、Düsseldorf 市内はマスクが義務になりました。

それにもかかわらずに、Düsseldorf をマスク無しで歩いている日本人のおばちゃんを見つけ…

そうか、ドイツのニュースを見ていないから知らないんだ…

そこで早速、デュッセルドルフの総領事館に電話をして、「市内はマスク義務!」の一斉メールを出してもらいました。(私のコールでメールを出してくれたのかどうかは定かではありません)

それから1、2週間たった今日、町で1人の警官とすれ違い、マスクをしていないのに気が付きました。

「あれっ? お巡りさん、マスクは?」

と、普段マスク警察をアホ呼ばわりしている私なのに、この時ばかりは自分がそれに成り下がりました…汗。

警官曰く、「ああ、それはもう解除されたよ。駅の中、周りやメインストリートなどのほんのごく一部だけ」と…

さらに続けて「反対意見が出て、その反対意見が通ったのさ」

コロナ制限に対して反対意見が出て、それが通った?

これは、いよいよ待ちに待った良識派、見識派の登場の兆し?

投稿者: netdeduessel

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

コロナ制限と良識」に2件のコメントがあります

  1. 冬の間、風邪を予防するためにマスクをする習慣がある日本と違って、欧米ではマスクに反対する人が多いんですね。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。