日本とドイツの(製品の完成度の)違い

海外に長く住むと、日本(製品)の良さに特に気が付きます。

(製品だけではないのですが、今回は製品)

製品の完成度というか、使う者の身になった利便性が全く違います。

物事にこだわる日本人の民族性です。

物作りをしている多くの日本人も、ついつい「オタク」になってしまうのです。

今回はサランラップ。

ドイツで一般的に売られているサランラップは、切ろうと思った時に切れずにイライラします。

日本のサランラップは「サッ」と切れるのに…

でもドイツに長く住んでいるので、そんなことも当たり前になっています。

ところが最近、そのサランラップに異変(?)が起こりました。

ドイツのサランラップが日本のそれのように「サッ」と切れるようになったのです。

あら不思議…

と思って良く見てみると、カッターの形状に違いが見つかりまし

普通は真っ直ぐのカッターが波をうってカーブしています。

ドイツ人もやればできるじゃん…笑。

日本の製品の良さは、「おもてなし」に代表される、日本人の気配りから来るものです。

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

タグ: ,
カテゴリー: ドイツの暮らし, ビジネス, 食事, 買物, 日本、日本人について, 時事

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  ブログランキングの応援クリック、         宜しくお願いいたします!      ↓↓↓           ↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ デュッセルドルフ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。