コロナで厳しい規制のドイツのデュッセルドルフ、それでも掃除ボランティア活動。

雨続きでずっと延びていた、デュッセルドルフの中央駅前の掃除活動は明日は行う予定です。

以前も厳しかった時があり、その時は、規制を気にしてやめておきましたが、事情が分かってきた今回は、逆にあえて行おうと思います。

経済をおかしくしてしまっている今のコロナ規制、大まかに言うとドイツだと与党、日本だと野党、そして今現在アメリカの大統領選挙をおかしくしてしまっているフェイクニュース系。

これらのせいで、どれだけの人たちが苦しんでいるでしょうか?(試練は人間を強くしますが…)

少なくとも日本では、コロナによる死者数はインフルエンザによる死者数よりはるかに少なく、コロナによる死者の平均年齢はほぼ寿命だそうです…

スペインの病院の集中治療室が一杯なのは、一度入ると2、3ヶ月入りっぱなしのお年寄りが多いからだそうです。

それは何を意味するでしょうか?

つまり、若い人〜中年たちには無関係の無害。それでもこの騒ぎ。勿論高齢のお年寄りも大切ですが、経済規制で多くの人たちを苦しめている馬鹿げたドイツ(ヨーロッパ)の政治家には呆れるばかりです。

ですが、だからと言って決して集まるわけではなく、皆さん離れて距離を十分に置いて行います。

投稿者: netdeduessel

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

コロナで厳しい規制のドイツのデュッセルドルフ、それでも掃除ボランティア活動。」に3件のコメントがあります

  1. 誤解のないように、「だから何?」は、感染爆発という報道に対してです。同時に、コロナによる死亡者数と年齢、天寿を全うする人の数を報道すべきです!

  2. 札幌は感染爆発。歓楽街は時短に次ぐ時短。
    破綻する店続発です。コロナの多くは、50代から60代の男性。
    ひまな大学生。日本の法制度はらロックダウンはできませんが
    たかだか、一ヶ月40万で店を閉めろはあまりに無謀かも。
    人件費無視。それでも多くの店はそれに従っています。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。