いよいよ、我が「デュッセルドルフ」もコロナ蔓延

近所に住む、薬局に勤める知人の同僚がコロナで陽性となりました。

その結果、同じ薬局に勤める全員がコロナ検査必須。

ところが、薬局は医療関係なので、仮に陽性でも熱とかが出なければマスクをして仕事を続行だそうです。

今までは、他人事だったコロナが、身近に感じられるようになってきました。

でも「だから何?」です。

インフルエンザよりもはるかに死者数が少なく、

コロナで亡くなる人の年齢がほぼ寿命。

マドリードのように、集中治療室は一杯でもそれはお年寄りによるもの…

さてこれは何を意味しているのでしょうか…

投稿者: netdeduessel

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。