普段は閉じておき、必要な時のみに開ける踏切。

ドイツ、デュッセルドルフの郊外、メアブッシュという田舎には、こういう踏切があります。

踏切は普通、普段は開いていて、電車が来ると閉まります。

でもここの踏切は逆。

普段は閉まっていて、人や自転車、車が通る時だけ開きます。

すぐ横に、ボタン付きインターホンのような物があります。

ボタンを押すと、「今、開けます!」という声が聞こえます。

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

カテゴリー: ドイツの暮らし, 移動交通, 住まいと暮らし
普段は閉じておき、必要な時のみに開ける踏切。」への1件のコメント
  1. 佐藤ようこ より:

    へえ、いいですね、そういうのって。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  ブログランキングの応援クリック、         宜しくお願いいたします!      ↓↓↓           ↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ デュッセルドルフ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。