宇宙人が地球を救いに = 人類を皆殺しにやって来た

という映画を見ました。

キアヌリーブスが主演です。

生物が存在できる、生活できるという、広大な宇宙の中でも稀有な存在の地球。

そう考えると、私たちは何という幸せな存在なのでしょうか…

その地球に、アメリカ軍が全く歯が立たない強〜い、宇宙人がやって来ました。

その理由は、地球を救うためだそうです。

宇宙人に言わせると、そんな貴重な存在の地球は、宇宙でとても珍しくて大事な存在だそうです。

それを聞いた人間は、「地球=自分たち」と勘違いして、「何から救ってくれるの?」

でも、人類を救いに来たのではなく、「地球を救いに来た=地球を滅ぼしそうな人間を抹殺しに来た」と分かって大変なことに…

人間は、やはり地球にとっては無い方が良い存在なのでしょうか?

投稿者: netdeduessel

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

宇宙人が地球を救いに = 人類を皆殺しにやって来た」に2件のコメントがあります

  1. うーーーーん、難しい。地球は人間が作ったものじゃないけど
    人間がいないと、果たして存続できるのかなあ。

    まああと何百万年後には、太陽が地球に近づいて燃え尽きるそうですが。

    それはあんまり考えない。生きるのが無意味に思えてしまって。

    1. 人間がいない方がより良く存続できるのでは😅?

      40億年後位と何かで読んだことがあります。

      確かにそれを考えると、生きている意味がなくなってきそうです…

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。