白身さえもプリプリな卵

以前もお勧めとしてご紹介していますが、ドイツのメアブッシュ(正確にはKaarst、デュッセルドルフの郊外)の農家での肉、野菜、鶏卵販売所で売っている卵は本当にお勧めです。

Bauer Berrisch

なぜか…

新鮮な卵は普通、割ってお皿に落とした黄身がプリプリしています。

でもここの卵は黄身に限らず白身までプリプリなのです。

この画像でも分かると思いますが、黄身もプリプリなら、白身もこんもり、ふっくらと…

こんなにプリプリ新鮮な白身は捨てがたいのですが、卵ご飯にはやっぱり黄身(のみ)!

ドイツ人は普通危ないと言って生卵は食べません。

ここまで新鮮なら、もし仮に何か不要な菌があっても、その位は自分免疫で殺菌出来ると思います。

よほど免疫力が低い人でなければ大丈夫だと思います。

卵ご飯を用意する時に、白身は真2つに割ったタマゴの殻を使って黄身を残すように流しに捨てます。

ところが、白身があまりにプリプリが過ぎるので、排水口で止まって流れて行かないのです。

白身さえも、本当にそれだけプリプリなのです。

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

タグ: , ,
カテゴリー: ドイツの暮らし, 食事, 買物, 健康, 住まいと暮らし
白身さえもプリプリな卵」への4件のコメント
  1. 佐藤ようこ より:

    白身に栄養があります。どうかご活用を。

  2. 佐藤ようこ より:

    凄い濃厚な弾性を持った卵ですね。白身の部分が将来ひよこになる
    良質タンパク質です。白身は捨てないで。10分くらい綺麗にした器に入れて冷凍室に
    置き、ぐわーーーーーっと泡立て器で混ぜメレンゲを作ります。フワフワになった物に砂糖を入れてオーブンで焼けば
    メレンゲ菓子になるし、小麦粉に混ぜてベーキングパウダーと一緒に混ぜればかなり柔らかいケーキや
    パンを作れます。冷蔵室で冷やすと常温より泡立てが半分で済みます。泡立てたメレンゲをそのまま
    ご飯の上にかけ、その上に卵黄のせて混ぜて食べる人もいるし、メレンゲの真ん中に卵黄を
    載せて目玉焼きにする人もいます。フワフワ目玉焼き。私も生卵だけは食べられません。
    でも半熟はオッケーです。菌の有無で食べられないのではなく、幼い頃から父母が
    生卵を食べなかっただけです。「生卵は料理じゃない」とか言ってた。ラーメン屋には生卵かけ放題の所があります、
    でもかけ放題している人を未だ見たことがありません。

    フランスではお菓子には古い卵しかつかわないお菓子があります。
    私は古い卵が好き。茹でるとツルッと剥けるから。

    • netdeduessel より:

      はい、実はそれを見つけたボス(カミさん = 神様)に、

      「何してんの勿体ない! ラングドシャが作れるじゃない!」

      と怒られてからは、ラングドシャを作ってもらっています。

      これがまた美味くて、ボスからすると子ども4人(その内の1人は私😅)でいつも奪い合っています…😅

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  ブログランキングの応援クリック、         宜しくお願いいたします!      ↓↓↓           ↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ デュッセルドルフ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。