(背番号)42 – 世界を変えた男

というタイトルの、実話に基づいて作られた映画を見ました。

ここで言う「世界」とは、アメリカの野球界のことです。

終戦直後のアメリカのメジャーリーグでは、400人いた登録選手が全て白人だったそうです。

映画の主人公は、そういった中で初の黒人選手としてデビューしたのです。

黒人差別が酷かった当時のアメリカです。

主人公の苦難が容易に想像できます。

賞も取った映画作品のようですが、同じ有色人種として白人から日本人も虐げられたという事実があることを知っている者にとっては感動ものの映画でイチオシです。

主人公の黒人役の俳優が嫌味のない人でとても適役です。

とても良い作品だと思います。

何度ものシーンでついつい泣けてしまいます。

機会があれば是非一度ご覧下さい。

投稿者: netdeduessel

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

(背番号)42 – 世界を変えた男」に2件のコメントがあります

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。