ドイツ人はせっかち?

ドイツで街を歩いていてよく気がつくのがクラクション音です。

ドイツ人は何かあるとすぐにクラクションを鳴らします。

信号待ちで信号が青になってもちょっと「もたもた」すれば、すぐに後ろからクラクションを鳴らされます。

日本ならパッシングなのでうるさくはありません。

ドイツ人は小学校からもう自己主張を叩き込まれる(*)ので、クラクションがなっていたら、「自己主張、自己主張」と思って下さい。

但し例外がひとつ。

結婚式の際の新郎新婦がのる車の後ろに友人たちの車が何台も続くのですが、それらのクルマがクラクションを鳴らしっぱなしで走り抜けてゆきます。

* ドイツの学校では、試験の結果がどんなに良くても、授業中に手を上げて発言(自己主張)しないと良い成績を取れません。

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

タグ: ,
カテゴリー: ドイツ、ドイツ人について, ドイツと日本の違い, ドイツの暮らし, 移動交通, , 文化, 住まいと暮らし
ドイツ人はせっかち?」への2件のコメント
  1. 佐藤ようこ より:

    せっかちなのはやはり関西系の日本人でしょうけれどクラクションはあまり日本人は鳴らしませんね。
    (私の夫は鳴らす方)北海道は特に鳴らす人がいないところです。
    なぜなんだろう?あまりに鳴らさないための事故まであります。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  ブログランキングの応援クリック、         宜しくお願いいたします!      ↓↓↓           ↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ デュッセルドルフ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。