シンプルザベスト

先日、あるホテルのバイキングで夕食となりました。

食べるために用意される道具は普通、西洋では画像の通りにいくつものナイフやフォーク、スプーンが用意されます。

そしてそのレストランではお寿司のコーナーもあったので、お箸のことを聞くと持って来てくれました。

西洋式とお箸を一緒に置いてみて気が付きました。

「お箸一膳は何とシンプルなのだろう」と…

そういえばその昔。

日本が鎖国をする前のお話し。

西洋から日本に来た人が、大名などの家に招かれてびっくりしたそうです。

彼らにしてみると、大名の家の中には何も無かったそうです。

西洋の場合だと、貴族の家に行くと、広い家の中にソファーやタンス、ベットなどの家具がいくつも置いてあります。

裕福であればあるほど豪華な家具がいくつも置いてあります。

ところが日本の場合、裕福であろうはずの大名の家の中には、ほとんど家具が見つからなかったそうです。

今の日本では西洋式が流行ってベットやソファーがありますが、当時はそうではありませんでした。

それを知った西洋人の一部は、「ゴテゴテとせずに何てシンプルなんだ!」と、ポジティブに驚いたそうです。

投稿者: netdeduessel

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

シンプルザベスト」に2件のコメントがあります

  1. 日本はそういう祝い事は多くて、それはとても良いことだと思います。引き継がれ続いて欲しいです。

  2. そうですね。せいぜい、雛祭りの豪華版と冑を年中行事で飾るくらいですよね。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。