コロナで分かったレストランの運営方法

今回のコロナ騒ぎ、例年のインフルエンザによる死者数よりはるかに少ないのに、「どうして騒いでいるの?」

という意見がありますが、レストラン業界は危機的な状況に追い込まれました。

最初は一切営業できず。

その後はテイクアウトのみ。

現在はテイクアウト+各テーブルの間隔を広げて(= 売上ダウン)人数制限。

そんな中でも、悪くいえば(?)「したたか」、よく言えば「賢い」レストランもあります。

それは勿論偶然に分かったことでしょうが、テイクアウトの方が意外と効率が良いことです。

テイクアウトの場合、前もって電話で予約を受けたり、その場で注文してもらって作り、持って帰ってもらいます。

そうすると、客席での仕事がなくなってホールの必要要員数が極端に減ります。

キッチン要員と、たった1人の料理受け渡し・レジ要員で回せます。

人件費が下がります。

そこで、店内対応が許されるようになった現在も、テイクアウトのみを続けているお店があります。

投稿者: netdeduessel

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。