8月31日(月)12時から16時までの間、総領事館前で日本のイルカ漁等に抗議するためのデモが…

在デュッセルドルフ日本総領事館からのお知らせです。 主催者は、あるいはそのバックは、日系極左の人たちか、あるいは反日勢力でしょうか? つまり、お金が動いているのか? お金が動くの意味は、反日勢力がお金を出し、デモを行う人続きを読む “8月31日(月)12時から16時までの間、総領事館前で日本のイルカ漁等に抗議するためのデモが…”

命名の大切さ – 1

ドイツに住むようになって早41年。 アメリカほどではないにしろ、ドイツでも初対面の際に下の名前を聞かれます。 アメリカでは、もうすぐにそこから下の名前を呼び合うのでしょう。 ドイツの場合は、ビジネスでは苗字、プライベート続きを読む “命名の大切さ – 1”

スキンシップが欠かせないドイツ人

ドイツでは、コロナで握手がまるで禁止のようになりました。 握手があまり好きでない私には好都合です。 その理由はこちら ➡︎ 握手は不衛生? ここぞとばかりに私は日本式で会釈で済ませようとします。 ところが… どうしても身続きを読む “スキンシップが欠かせないドイツ人”

人に必要な1日の運動量 (2)

怪我と手術で具合が悪くなった左膝の故障で走れなくなるまで、過去に40年近くジョギングを続けました。 途中、膝の怪我の直後に1〜2年ほどは膝が重くて走れませんでした。 でも、身体を動かすのが大事なことは知っていました。 そ続きを読む “人に必要な1日の運動量 (2)”

人に必要な1日の運動量 (1)

とは一体、どの位でしょうか? そこで思い出すのが、以前、月刊誌「致知」に出ていた江崎玲奈さんの記事です。 江崎玲奈さんは、日本人で4人目のノーベル賞受賞者。 1925年生まれで現在95歳。 「ラジオ体操以外はこれといった続きを読む “人に必要な1日の運動量 (1)”

デュッセルドルフでコロッケが一番美味しいお店

は何と言っても、アルトシュタットのCarlsplatzマーケットにある、故郷(Furusato)ではないでしょうか? 他にも日本食レストランで何店かコロッケを置いていますが、特にコロッケに関してはここが一番だと思います。続きを読む “デュッセルドルフでコロッケが一番美味しいお店”

どうしても、おかしい、コロナ騒ぎ

死亡者数が、例年のインフルエンザよりも少ない… 死亡者年齢が、ほぼ寿命に近い… それでもこの経済制限… この騒ぎ… 何かおかしくないでしょうか? マスコミが煽っているだけ? それでもなぜ? 騒がれると視聴率が上がるから?続きを読む “どうしても、おかしい、コロナ騒ぎ”

やっぱり日本食は凄い!

ご縁あって、日本の野菜と和牛をドイツで販売促進、普及するお手伝いをすることになりました。 野菜に関しては、例えばゴボウやレンコン、キノコ類など、ドイツにないものが日本にはあります。 名前も特にキノコ類などはそのまま日本語続きを読む “やっぱり日本食は凄い!”

ドイツの反コロナ規制デモ

やはり、そういうデモもあり得ると思っていましたが… マスク着用義務などに反対して、8月1日にベルリンで2万人程度のデモがありました。 反コロナ対策のデモですが、極右の人たちも加わっていたようです。 デモがあると、必ず警官続きを読む “ドイツの反コロナ規制デモ”

ドイツの消費税の考え方

ドイツで何らかしらの商売をしている者にとって、全ての元となる価格はネット価格(消費税別・外税)です。 どういうことかというと、ドイツ消費税の19%は含まない、税別、税抜き、外税の考え方で価格で表示、理解します。 B to続きを読む “ドイツの消費税の考え方”

やっぱり日本食は凄い!

海外の食事をある程度経験し尽くすと、日本食のバラエティーさ、日本人の食に対する探究意欲には驚くものがあることに気が付きます。 これは、日本人の民族性から来るものです。 日本人は、1億総オタクです。 そうなると、ヨーロッパ続きを読む “やっぱり日本食は凄い!”

とても興味深い共和国、マルタ諸島

イタリアのブーツのつま先の先には、シシリア島があります。 そのシシリア等から少し南、地中海のほぼ真ん中にある、マルタ共和国。 マルタ島、ゴゾ島、そしてその中央にある、住民数が僅か3人のコミノ島等から成り、人口僅か40万人続きを読む “とても興味深い共和国、マルタ諸島”

やっぱり日本食は凄い!

海外旅行をするたびに思うことがあります。 例えばイタリアに行った時。 美味しい海産物が食べられる! 美味しい本場のスパゲティーが食べられる! …など、など、美味しいものが食べられるので、心ウキウキです。 でも… そのウキ続きを読む “やっぱり日本食は凄い!”

マルタ島のインターコンチネンタルホテルのプール

は、屋上に2つもあります。 ひとつは10階、もう一つは19階。 建物の作りから、どちらも屋上のプールになっています。 健康のために毎週水泳に行っていた者にとっては、コロナでこの数ヶ月間は泳いでいなかったので嬉しい限り。 続きを読む “マルタ島のインターコンチネンタルホテルのプール”

ウニスパゲティーを食べられる、マルタ島のイタリアンレストラン

さすが、うちのボス。 ボンゴレ、イカスミスパゲティーにとどまらず、ウニスパゲティーまでメニューにあるレストランを見つけていました。 レストランの名前は、The Avenue Restaurant。 住所は Triq Go続きを読む “ウニスパゲティーを食べられる、マルタ島のイタリアンレストラン”

マルタ島の、どこまでも透き通ったきれいな海の水…

大きな借金を抱えていますが、債権者が納得してくれるように、毎月の返済に精を出しています。 でもそれも、もう随分と長く続くので、休みの旅行なしでは家族が可哀想です。 そこで債権者に睨まれない程度に夏休みの旅行を… …と、う続きを読む “マルタ島の、どこまでも透き通ったきれいな海の水…”

コロナによる死者の平均年齢は79,3歳、日本人男性の平均寿命は79,6歳…

死者全体の90%以上が70歳以上。 そして皆さん、元々が基礎疾患・持病持ち。 50歳以下は僅か0,5%。 死亡率(感染後に死亡)はインフルエンザより高いそうですが、死者数自体はインフルエンザより下。 それでもこの経済制限続きを読む “コロナによる死者の平均年齢は79,3歳、日本人男性の平均寿命は79,6歳…”

ドイツのマスク着用義務の実態

先日、ホームセンターに買い物に行きました。 ドイツでは、店舗等の室内ではまだマスク着用義務があります。 ホームセンターでも、買い物客にはマスク着用の義務があります。 私の場合、メガネをかけているので、鼻までマスクを覆うと続きを読む “ドイツのマスク着用義務の実態”

コロナで分かったレストランの運営方法

今回のコロナ騒ぎ、例年のインフルエンザによる死者数よりはるかに少ないのに、「どうして騒いでいるの?」 という意見がありますが、レストラン業界は危機的な状況に追い込まれました。 最初は一切営業できず。 その後はテイクアウト続きを読む “コロナで分かったレストランの運営方法”

沖ノ鳥島は日本の領土?

かどうかという点で、中国と日本の間で揉めているようです。 沖ノ鳥島が日本の領土かどうかで、日本の海域の広さに違いが出てきます。 日本は地上の国土面積では大したことはありませんが、海を含めると世界で6番目の海洋大国です。 続きを読む “沖ノ鳥島は日本の領土?”