月刊紙「致知」を読む理由 1

「致知」という月刊紙があります。

日本の近代史を正しく伝える記事が出ることがあるので、左側から叩かれているだろうな…

と思って調べてみると…

ーーーーーーーーーーーーーーー
昔、購読していたことがあります。

意識の高い人が好んで読んでいます。掃除に学ぶ会で、トイレ掃除などをしたり、より良く生きるための勉強会参加者がよく読んでいます。(私は、昔、この様なことに参加し、多くの方と交流がありました。) 掃除に学ぶ会は、イエローハットの会長が始めたものです。

右翼でも左翼でもなく、宗教的でもないと思います。

おそらくその社長さんは、ものすごい頑張り屋でしょうが、理屈の通らないことは言わないはずです。

私は、そんなに意識も高くなく善良な人間でもないので、本の内容が重荷になり、購読を止めました。

他の人が書いている悪い評価は、事実とは思えません。

生きることをほどほどに考える人ーーー適度に仕事をし、パチンコ、競馬、ゴルフなどで自分の楽しみをし、日本の今後や教育問題などどうでも良いーーーと思う人には、向いていない雑誌です。

ーーーーーーーーーーーーーーー

1人の元読者の意見なので偏っているかもしれませんが、他にも左側からは叩かれていないようでした。

訳あって私も定期購読をしています。

それどころか、デュッセルドルフの「致知」の「木鶏会」という読者会の幹事まで務めています。

それにも訳があります…

投稿者: netdeduessel

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

月刊紙「致知」を読む理由 1」に3件のコメントがあります

  1. へえ、千代の富士は北海道の函館出身だから
    親近感あります。

  2. 電話もらって私も読みました。わたしにはちょっと重かった。
    母にも勧めたのですがやはりちょっと、でした。正しいことをガーーんと言われているみたいで
    学校で大嫌いだった道徳の時間みたいで。わたしはおばさん不良で行きていくのがいいみたい。
    「木鶏会」って何と読むのですか?モクドリ会?コロナの中もお掃除ボランティアやっているのですか?東京はご存知かもしれませんが、歌舞伎町を中心とするコロナでもうもう、大変。
    旅行にも東京に行くな、号令が知事からかかってます。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。