コロナウィルスは、ただ単に世界中で騒ぎ過ぎているだけ… という意見

があります。

その理由は、2月末〜3月の上旬だったでしょうか、虎ノ門ニュースでの武田邦彦教授や上念司さんの説明によります。

例年のインフルエンザによる被害者の方が、コロナウィルスの被害者よりはるかに多いそうなのです。

つまり極端に言ってしまえば、世界中で行き過ぎた対応をしてしまっているというものです。

ではなぜそうなるのか…

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

タグ: , ,
カテゴリー: ドイツの暮らし, 医療, 医療と健康, 時事
コロナウィルスは、ただ単に世界中で騒ぎ過ぎているだけ… という意見」への1件のコメント
  1. 佐藤ようこ より:

    毎年、インフルエンザで2000人なくなる日本。

    今年はインフルエンザで亡くなる人が減っているみたい。まだ治らないコロナ、
    死者がもう増えないこと願います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  ブログランキングの応援クリック、         宜しくお願いいたします!      ↓↓↓           ↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ デュッセルドルフ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。