コロナウィルスとドイツのタクシー

デュッセルドルフのタクシーの助手席の窓に、「後ろの席にお乗りください」という表示がありました。 ドイツでは、タクシーに1人で乗る時には助手席に乗るのが普通です。 日本のタクシーのように、助手席の後ろのドアが自動で開いて、続きを読む “コロナウィルスとドイツのタクシー”

(コロナ)ウィルスとマスク、鼻毛の関係

口を開けたまま、つまり口呼吸で生活をしていると、口が乾くだけではなくて身体に良くないのです。 雑菌やウィルスなどが入りやすいからです。 では口を閉じて鼻で呼吸をしている時はどうでしょうか? 鼻呼吸をしているので、鼻から雑続きを読む “(コロナ)ウィルスとマスク、鼻毛の関係”

ウィルスとマスクの関係

(コロナ)ウィルスの方が、マスクの目よりも小さいので、ウィルスは簡単に通り抜けてしまって意味がないという意見があります。 本当でしょうか? ドイツ語で答えを言うと、「Jain」という、ドイツ語の「はい」である「Ja」と、続きを読む “ウィルスとマスクの関係”

コロナウィルス、マスクの意味  2

ドイツのNRW州では来週からマスクの着用が義務になります。 電車やバスの中、お店の内においてです。 商店の営業は今週から再開されました。 レストランへの入店はまだ禁止で、テイクアウトのみ可能です。 それだとペイしないので続きを読む “コロナウィルス、マスクの意味  2”

ドイツのコロナウィルスとマスクとレストラン

州都がデュッセルドルフであるドイツのNRW州では、来週からマスク着用が義務になりました。 NRW州は、16あるドイツの州の中でも人口最多で、ルール工業地帯があります。 マスク着用が義務になるのは、公共交通機関内や買い物の続きを読む “ドイツのコロナウィルスとマスクとレストラン”

コロナウィルス、マスクの意味

先週の金曜日の虎ノ門ニュースでの武田邦彦教授の発表がとても興味深いでした。 日本では、お上が何か制限を出すと感染率が高まるというものでした。 そこで武田さんは、感染の方法が例えばツバ以外にもあるのではないかという推測をし続きを読む “コロナウィルス、マスクの意味”

コロナウィルス対策と法律

国によって、コロナウィルス対策にはある程度の違いがあります。 でもどの国でも同じ現象が起きています。 それは法律と同じ?で、十把一絡げにしようとする点です。 感染拡大を防ぐために、商店やレストランなどを営業させないという続きを読む “コロナウィルス対策と法律”

ドイツのコロナウィルス対策

ドイツ、NRW州の自営業者(1人)〜社員数25人まで〜50人までの組織へのコロナウィルス支援には、目を見張るほどのスピード感がありました。 あまりにも早い対応から詐欺が発生してしまいましたが、ハイエストプライオリティーの続きを読む “ドイツのコロナウィルス対策”

ドイツと日本のコロナウィルス対策。拙速(ドイツ)巧遅(日本?)。100万円〜300万円ばらまき支援、自営業者〜零細〜中小企業向け

モタモタしている日本と違い、ドイツの自営業者〜零細〜中小企業向けの支援策の決定、実行はそれこそ「あっ」と言う間に始まりました。 自営業者〜社員数5人までが約100万円、25人までが約170万円、50人までが約300万円。続きを読む “ドイツと日本のコロナウィルス対策。拙速(ドイツ)巧遅(日本?)。100万円〜300万円ばらまき支援、自営業者〜零細〜中小企業向け”

コロナウィルス – ドイツの商店が明日から営業再開

コロナウィルス対策で、ドイツの薬局やスーパーなど食料品や必需品販売以外の商店がずっと閉店していましたが、明日からやっとオープンすることになりました。 オープン出来るのは、床面積800㎡以下のお店という、「???」の制限は続きを読む “コロナウィルス – ドイツの商店が明日から営業再開”

あの大悪党の(?)サダム・フセインは、イラク人からどう思われているか?

さて、この時計に写っている人は誰でしょう? そう、2006年末に処刑されたあのサダム・フセインさんです。 サダム・フセインといえば、私たちにとっては独裁者の悪者というイメージがあります。 でもそのイメージは、どうやら政治続きを読む “あの大悪党の(?)サダム・フセインは、イラク人からどう思われているか?”

隔週土曜日に来るエホバの商人。世界の言語数の不思議

隔週土曜日にエホバの商人のご夫婦の訪問があります。 最初、「エホバのしょうにん」と聞いて、ネズミ講か何かの「いかがわしい人たち?」 と、勘違いしてしまいました。 後で分かったのが、商人ではなくて証人。 もう少しで恥をかく続きを読む “隔週土曜日に来るエホバの商人。世界の言語数の不思議”