コロナウィルスをキャベツで防ぐ

コロナウィルスの侵入を水際で防ぐということにおいては、日本(安倍政権)の対応はかなり遅かったと思いますが、それでも今日のヨーロッパでの凄まじい広がりを見れば日本の被害は少ない方です。

このコロナウィルスを防ぐにはいくつか方法があります。

水際(国境)で防ぐ(=国外から人を入れない)、人の集まる所に行かない、人に合わずになるべく家に閉じこもる…etc…

そして実はもうひとつ、変わった方法があります。

マスクも使わずに自分の身体に入る手前で防ぐ方法です。

以前から何度も書いていますが、毎日キャベツを食べるだけです。

詳しいことは次のページを見ていただくとして、キャベツを食べることによってコロナウィルスを最後の砦、自分の身体でプロテクトするという方法です。

実際にこの私、キャベツを食べるようになって5年以上、一度も風邪を引いていません。

https://www.netdekenko.de/良い食事とは/

かなり効果があります=免疫力がアップします。

1) キャベツを定期的(毎日等)に食べる

2) 整腸効果が現れる。

3) 腸内でガスが発生する(オナラが良く出る)

4) 免疫力が上がる。

5) 風邪やインフルエンザ(コロナウィルス)が侵入して来ても、免疫力の方の戦力が上回って菌をやっつけてくれる。

という仕組みです。

インターネットで、「キャベツ」、「健康」などのキーワードを入れて、是非ご自身で調べて見て下さい。

色々と出て来ます。

稀に身体に合わない人もいます。そういう人は③の所でオナラを出せずにお腹が張って腹痛になってしまうそうです。

投稿者: netdeduessel

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。