コロナウィルスとスペイン風邪 2

コロナウィルスの感染者が増え続けています。

日本の公立小中学校が新学期まで休みになるそうです。

「玄関のドアを開けっぱなし(中国からの渡航者はそのまま)で、家の中の各部屋のドアだけ閉めて(学校閉鎖)何の意味があるのか?」という、ごもっともな批判が聞こえます。

このコロナウィルスもひょっとしたら単なるマスコミの煽りでしょうか?

過去にも何度もウィルスは流行りました。

その都合これほど騒がれた訳ではありません。

この騒がれ方が、単なる過剰な煽りではなく、例えば100年前の悪夢、スペイン風邪のようなウィルスの広がりを食い止める近代医学の勝利に結びついて欲しいものです。

それにしても致死率が低いような気はします(= 単に今までしょっちゅう広まった数多くのインフルエンザの一つに過ぎない?)。

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

タグ: , ,
カテゴリー: ドイツの暮らし, 健康, 医療, 医療と健康, 時事
コロナウィルスとスペイン風邪 2」への2件のコメント
  1. 佐藤ようこ より:

    北海道は100人こえた。多分、札幌雪まつりの時の中国人からの感染と思われます。
    死んだような街。気持ち悪いですよ。

netdeduessel へ返信する コメントをキャンセル

  ブログランキングの応援クリック、         宜しくお願いいたします!      ↓↓↓           ↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ デュッセルドルフ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
home左
テキスト
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。